滝川高等学校 【 偏差値 : 67 】
  • 男子
  • 私立


  • 新着情報・お知らせ

      オンライン授業のカリキュラムと動画を表示

      新着情報は見つかりませんでした。

      お知らせは見つかりませんでした。

      ブログは見つかりませんでした。

      イベント情報は見つかりませんでした。

      問題は見つかりませんでした。

      問題は見つかりませんでした。

      問題は見つかりませんでした。

      問題は見つかりませんでした。

      問題は見つかりませんでした。

      滝川高等学校の教育方針

      教育方針

    • 教育目標

      滝川中・高等学校の教育目標は、校訓「至誠一貫」「質実剛健」「雄大寛厚」を根幹とし、社会のリーダーとなる人材を育成することです。
      高い誇りと志を抱き、確固たる信念で行動できる真のリーダーを養成し、社会に送り出そうとした創立時の壮大な希望と理想は、今も継承され、「滝川リーダーシップ教育」として進化しています。

      コース

      Ⅰ進系

    • 国公立大学・有名私立大学を目指すコースです。

      公立高校以上の授業時間数を設定し、主要教科に多くの時間を配当、基礎・基本から難関大学に必要な学力の養成をします。部活動には多くの生徒が所属しており、全国レベルでの活躍をしている部もある中、あくまで学力を優先させた本来の文武両道をめざしています。なお、指定校推薦(一定水準の成績が必要)への出願は、他の進系より優先されます。
      放課後の補習や夏期講習も実施され、平常授業の主要教科の時間配当は当然多くなっています。限られた時間内に、1年生では滝川教育の一環として柔道を必修とし、レベルの高い情報教育も取り入れています。

      またこのコースは1年生では全員共通の授業で、2年生より各自の希望、適性に応じて文理に分かれ、3年生で継続するカリキュラムになっています。ほぼ全員が4年制大学への進学を希望しており、同じ目的をもった生徒への情報の提供や交換も容易です。また早くから進路についての学習を重ね、目標達成のための具体策が一層たてやすくなっています。

    • II 進系(スーパー文系)

    • 難関国公立大学の文系学部を目指す、より高度でより明確な目的をもったスーパー文系コースです。

      1年生の間はIII 進系と同じカリキュラムで授業を行い、週39時間授業を実施、主要教科には多くの時間が配当され、高度な内容でありながらも無理なくスムーズに学習が進められます。放課後の「Advanced Time」では、?進系対象の「振り返りの時間」が設けられ、確認テストや課題プリントを利用して、授業の理解を深めます。

      1年生では文系・理系の区別はなく、この1年間で各自の適性に応じた将来の進路を考えることができます。そして、高校2年生以降は文系に特化し、国語・社会・英語を中心とした2コマ連続の100分授業が展開されます。もちろん理系を希望する生徒は、成績に応じ他の進系へコース変更することができます。難関国公立大学文系学部受験を目標としているために、センター入試対応のカリキュラムや補習・講習を用意しています。教科書や教科の枠を越えた発展学習の講座を開き、生徒自らが選び、考え学ぶことができるようにすることで、教室内が生き生きとした学習と探究の場となっています。

    • III 進系(スーパー理系)

    • 22年度入試から新たに設置され難関国公立大学の理系学部を目指す、より高度でより明確な目的をもったスーパー理系コースです。

      週39時間授業を実施、主要教科には多くの時間が配当され、高度な内容でありながらも無理なくスムーズに学習が進められます。放課後の「Advanced Time」では、?進系対象の「振り返りの時間」が設けられ、確認テストや課題プリントを利用して、授業の理解を深めます。

      1年生では文系・理系の区別はなく、この1年間で各自の適性に応じた将来の進路を考えることができます。そして、高校2年生以降は理系に特化し、数学・理科・英語を中心とした2コマ連続の100分授業が展開されます。もちろん文系へ進みたい生徒は希望によりII 進系にコース変更することができます。難関国公立大学理系学部受験を目標としているため、より高度なセンター入試対応のカリキュラムや補習・講習を用意しています。教科書や教科の枠を越えた発展学習の講座を開き、生徒自らが選び、考え学ぶことができるようにすることで、教室内が生き生きとした学習と探究の場となっています。